水遊び


今日のらるご

今日は、午後から水遊びをしに、近くの若草公園まで行きました。

今の子どもたちは、こういうところで遊ばないのでしょうか? 小さなお友達とご一緒させてもらいました。

久しぶりに水に足を浸し、大人にとっても気持ちのいい時間になりました。

らるごから持って行ったのは、ピストル型の水鉄砲とじょうろ、バケツでした。

どうしても幼児期の時に水遊びの様子を覚えていて、水鉄砲を渡してもちょぼっと飛ぶくらいと思っていました。

どの子もこの数年で手先の力がつき、しっかりを引き金を引けるようになっており、ぴゅーぴゅーと水が飛んでいました。

そのため、近くにいた方にかかってしまうこともありましたが、大人がごめんなさいと言っているのを聞いて、自分からごめんなさいと言っている姿がありました。

本当は水遊びは得意ではない子もいましたが、とても楽しく遊んでいた子を見て、真似ていくうちに楽しくなっていきました。

水遊びを満喫した後は、着替えです。 見えない所を探して、おとなが盾になりながら、着替えをしました。 大人が思う「恥ずかしい」は、まだ十分にわかっていませんが、見られない方がいい、早く着替えた方がいいことはわかってきています。 今までも着替える機会はあったのですが、一人でできるようになっているので、着替えの場所を提示すると、そこで一人で着替えて戻ってきていました。 こっそりと着替える方法、足を地べたに降ろさずに着替える方法などの課題が見つかりました。 2学期には、このことも念頭において練習していこうと思いました。

今日は、スタッフやボランティアさんの中に、プレイが始まってから来室した人がいました。 その人が来室すると、「◯◯先生、こんにちはー」と大きな声で、自分から挨拶してくれた子がいました。 大人が「おはよう」「こんにちは」と言うと返してくれる子はたくさんいますし、「来たのね」と誘いにきてくれる子もいます。 自分から「挨拶」をしてくれる子は、まだそう多くありません。 だからこそかもしれません。その挨拶がとてもうれしかったです。 「自分が来たことを意識してくれている」ことを感じることができ、「自分を気にしてくれている」ということを感じることができました。

私たち大人も、「君のこと、待っていたよ」「今日もあなたに会えて、うれしいよ」の気持ちを込めて、毎回「挨拶」をしていきたいです。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Follow Us
Search By Tags
Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now