検索
  • largosoudan

下水道科学館見学


夏休みプログラム最後のお出かけ。

午前中は、のんびりと室内で自由遊び。 大人相手に、銘銘好きな遊びをしていました。 マリオカートゲーム(いわゆるテレビゲームではありませんよ)を3度やって、一度も負けなかった子。 トトロのトランプの絵を説明してくれる子。 お買い物ごっこで、ハンバーグ弁当とプリン、チョコレートという素敵なセレクトをしてくれる子。

お弁当の時間には、お弁当箱をテーブルに置いたままで食事していた大人をみて、弁当箱を持つように促している子が。 幼児期には、プリンやゼリーのカップを持って、スプーンですくって口まで運ぶことを練習し、らるごではお弁当箱を持ったり、手を添えたりして食べるよう、毎回声をかけてきました。 それがきちんと子どもたちに伝わっているようです。 大人も自分の行動をきちんと評価して、子どもたちの良き手本になるように心がけていきたいです。

午後からは、「下水道科学館」の見学に行きました。

さぁ、じゅんびするよーと声をかけると、あっという間にできてしまいました。

らるごからすぐ近くのバス停から科学館前までバスに乗りました。 ほとんどの子がさとらんど遠足に参加していたり、日頃から家庭で公共の乗り物に乗っていたりして、上手にバスに乗っていました。

大人が思っていたよりも、熱心に見学し、いろいろなボタンを押したり、ゲームをしたりして、たっぷり遊ぶことができました。 スタッフが下見の時に期待していたのは、「雨水貯留管」のダイナミックな水の動きでした。 がしかしッ! 前夜の雨で満タンになっていて、ただ真っ暗。 残念でした…。

休憩スペースでおやつを食べた後、館前にあるプールで遊んでも良いとのことだったので、少しだけ水遊びを。 らるごになってから、水遊びをしていなかったので、どの子も水の中に入って楽しく遊ばせてもらいました。

帰りのバスに乗り遅れそうになりながらも、ギリギリセーフで乗り込み、無事にらるごに戻りました。

0回の閲覧0件のコメント

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now